変化せず、真っ向勝負に挑んだ力士たちの結果

先日、大相撲名古屋場所3日目の取り組みで印象に残った取り組みが3つありました。1つ目は遠藤関と千代翔馬関との取り組み。千代翔馬関はよく変化をする力士で、今回も変化してきました。ところがそれを見越していた遠藤関が変化した千代翔馬関のまわしをとっさに掴み切り替えして遠藤関が勝ちました。しばらくして、阿炎関と魁聖関との取り組みが始まりました。阿炎関はこのところ急激に番付を上げている力士ですが、たびたび変化をします。そして魁聖関に対して変化をし、2日目まで負けていた阿炎関は初白星を掴みました。
変化した2人が2人とも勝ったわけではなかったのですが、変化した千代翔馬関が負け遠藤関が勝った時に場内は沸きあがるような拍手が起こりました。一方、変化して勝った阿炎関に対しては拍手はまばら。NHKの司会のアナウンサーさんも「ため息が聞こえますね」とコメントしていました。バツの悪そうな阿炎関の表情も印象的でした。やはり真好勝負をして勝ち星を掴むからこそ賞賛されるべきだなと感じました。