お金の貸し方にも色々と細かい規定があるということ

極度方式基本契約と総量規制という色々と関係があると考えるべきです。貸金業者というのは個人顧客と極度方式基本契約を締結している場合においては、3ヶ月以内に一度定期的に検査をしなければならないということになっています。色々と条件があるのですが5万円以上であり極度方式契約に基づいて契約しているとき、といったことになります。こうしたことがありますから、これはよく覚えておいたほうがよい、ということになるでしょう。言うまでもありませんが、貸金業者というのが総量規制というのが存在していることになりますのでこれはかなり注意して貸付をしなければならないということになりますしそもそもしっかりと検査をするということになります。ですから、定期的に総量規制を超えていないのか、ということを確認しておくことです。それをすることが義務になっているということになります。ですから、それはよく理解しておいたほうがよいということになります。